【FXDD×維新の介】トレードにおけるエッジ(優位性)をどのように捉えるのか - FXDD×維新の介 前代未聞のスペシャルタイアップ企画!!

FXDD×維新の介 前代未聞のスペシャルタイアップ企画!! ホーム » スポンサー広告 » トレードに対する考え方(コラム) » 【FXDD×維新の介】トレードにおけるエッジ(優位性)をどのように捉えるのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【FXDD×維新の介】トレードにおけるエッジ(優位性)をどのように捉えるのか



トレードにおけるエッジ(優位性)をどのように捉えるのか


あるトレード本を読んでいて

「エッジ(優位性)」とは勝率のことである・・・というくだりで

ふと違和感を覚えましたので

ちょっとここで考えてみたいと思います。


まずこれまで何度も言い続けているように

私の考え方として

「勝率はコントロールできない」というものがあります。


いくらバックテストで優れた勝率を誇る手法であっても

それがほとんど機能しないという場面は必ずありますし

その局面が終わる前に資金が尽きる・・ということも有り得るわけです。


また、どんな相場環境のところで得られた勝率なのか・・・

当然のことながら、そういうことも大きく作用してきます。


もちろんエッジの1つの要素として勝率は大切なのですが

そう考えたときに最も重要な要素は


できるだけ少ないリスクで、できるだけ大きなリワードが得られること


これに尽きると思うんですね



つまり私の考えるエッジとは


「損小利大」


この、投資における基本に戻ることです。


できるだけ損失を小さくできるところで攻め、

そこにできるだけ大きなリワードが期待できること。


このようなトレードが理想であり、

こういう相場状況だけでトレードを繰り返すと

実は勝率は勝手に上がってきます。


だから勝率ありき・・のトレードではなく

リスクとリワードの比率が大きくできるトレードをまず考えるのです。


勝率を先に考えるから

オシレーターの組み合わせや設定値にばかり気を取られ

そこが本当に大きく伸びるのか?

という部分を考える力がつかないトレーダーとなってしまうのです。



FXDD 海外FX会社FX トレードコラム 記事一覧

FXDD 海外FX会社このレポートによってできるようになること 記事一覧

FXDD 海外FX会社ホームに戻る



人気ブログランキングへ



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)






FXDD 維新の介




FXDD 特典

※ドル建て入金なら500ドル以上

             


FXDD 海外FX会社FXDDにすでに口座をお持ちの方はコチラ

FXDD 海外FX会社口座開設後のレポート入手方法【※必ずお読みください】


選択する取引プラットフォームは、FXDDが自社開発したソードフィッシュ (Swordfish)が、
スプレッドが狭く、ワンクリック注文にも対応し、非常に使いやすいかと思います。



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。